水分計測定ドットコム HOME >  水分計の種類 > 乾燥法

乾燥法・2011年11月21日

乾燥法とは、密閉器内において測定対象を過熱し、内部の水分を蒸発させ、軽くなった測定対象をもとにして水分量を求める方式のことをいいます。この方式は水分と一緒に他の成分も蒸発してしまう可能性があり、その分精度が落ちてしまうのが難点といえるでしょう。